太陽光発電のこれからは蓄電池だと思うのです。防災メモ

スポンサーリンク

来年から、初めに契約した人の買い取り期間が終了していきます。

つまり、先行きは不明。しかし、国が家庭の電気は家庭で賄うという方針を

だしているので、買取自由化もともない、安い値段で売電は、続くと思います。


つまり、売電してもそんなに儲からないし、もう、太陽光発電=儲け話ではなく

自己防衛、危機管理対策、節電、自分や、家族のために用意すべきだと思うのです。

自然災害が起こった時のために、非常用リュックなど、準備されてる方も

今や、多いかと思います。それと同じで、非常用電源をと思います。

今は、まだ高額なのでなかなか手が出ないですが、自分もいずれは欲しいと思っています。

太陽光発電からそのまま、充電できるほか、

太陽光発電をしてない方も、電力会社からの電気をためることができる発電機も

シャープさんは進めていってますね。

夜間の安い電力を使って、電気をためて、昼間はためた電気で過ごすという

家庭に優しい、エコな使い方で節約できるようです。

そうゆう夜間プランが電力会社のぷらんであるようですね。

そして、すばらしいのがクラウドシステム、

電気使用量が電気製品ごとに一目でわかる、モニターやスマホでも確認できます。

そして、エアコンやお風呂など、外出先から操作でき、

切り忘れも大丈夫だし、帰る一時間前にスマホからエアコンのスイッチ入れたり、

お湯はりをスタートできるようになるのだそうです。

モニターで見れるから、電気残量が一目でわかって、残り少なくなってきたら、

節電の意識も高まるし、お知らせもしてくれるようです。

そして、雨の日なんかも同様、太陽光発電ができない日は、貯めた電気で節約できるのです。

クラウド蓄電池だと、災害や、大雨など気象警報の情報を察知して、自動で充電を開始します。

これが、今後一般的になると思います。

しかしまだまだ高い、今は冬場の停電対策は、石油ストーブが一番役立つと思います。
灯油をしっかり準備しとかないと意味がありませんが。

うちには、いま、電気ストーブしかなく、とりあえず、石油ストーブを検討中です。

ちなみに、先日、クローゼットの部屋の電気がきれたのですが、

もう電気を変えるのがめんどくさい!古いアパートなので、昔の蛍光灯なんですが、

しかもその枠がなかなかとりずらいから、もういやだっ!!!ってことで考えた結果

そうだ!災害時の対策も兼ねて、ランタンかっちゃおう^-^ってことになりまして。

LEDの結構まぶしい奴、かっちゃいました。

しかも電源が多種多様、まずは、普通に乾電池単三が三本、と、上にソーラーがついていて
太陽光発電。さらには、ハンドルがついていて、五分回すと一時間?だったかな?もっとすごかった気がします。あとは、USBからも充電できちゃうすぐれもの、たしかシガーソケットもついてたかも!?
という、けっこうやくにたちそうなんで購入してみました。まあ、六畳間では明るすぎず、
暗すぎずといったかんじです。程よい強さがあります。

ただ、強弱があるのですが、ほとんどかわらず^-^

まあ、そんなわけで、いつも使っているものを非常用に使えるものに変えてみるというのも
いいかなと思っておススメしてみました^~^

あとは、食料もですね。先日阪神大震災の体験者のお話で、冷蔵庫には

常に三日間分の食料があるようにしとくのがいいんだそうです。

食料は三日分ぐらいはあっても困りはしませんからね。もし急災害があったときに、なるべく

冷凍庫に入れて、ちょっとずつたべればけっこう電源切れてもだいじょうぶとのことでした。

あのときも、状況がわからず、絶望な状況かと思ったそうですが、ラジオで自分のとこだけがひどくて三日もあれば救助が来てくれる!それまでもちこたえよう、頑張ろう!と思えたそうです。

そう、食料の話でしたが、何よりも大事なのが「情報」なんですね。

見渡す限り倒壊や火事、津波で日本が終わったかもしれないと思うかもしれません。

南海トラフはそれほどの強い災害になるでしょう。それが、どんな状況かわからない、

いつ救助が来るのかわからないじゃ、体よりさきに心が参ってしまいます。
スマホはつながらないかもしれない、しかしアナログのラジオは何かしらの電波を拾ってくれる可能性があるのです。
ラジオ付きの懐中電灯もありますし、ラジオも必需品の一つに入れておくことをお勧めいたします。

そのほか、豆知識としては、靴も結構大事。裸足だと痛くて走れませんよ。

もし、玄関への通路がふさがれてしまったら、靴も履くことができません。

なつは、まあなんとかサンダルでいいとしても、冬は、凍傷にもなってしまいます。

なので、さいあくさんだるでもよいですが、枕元に置いておくとよいそうです。

もし、ガラスが割れたら、それだけで窓からの脱出も困難になり、時間がかかってしまいます。
もし一刻を争うときにそんな状況になったとき、靴があれば、ササっと逃げ出すことができるのです。

これも、枕元とはなかなかいかないでしょうが、予備の靴を準備しておくのもいいと思います。

最後に一言、一番大事なのは、気持ちだと思います。災害にあったら、動揺します、ドキドキします、
何が何だかわからなくて、興奮してしまうでしょう。自分もそうだと思います。

しかし、とにかく死んだらおしまいです。死にたくない、家族を守りたい、そのために、深呼吸です。

災害にあったら、まずホッペタヲ思いっきりたたいて、「生きる、生きる、生きる」と唱えましょう。

どうしたらいいかは、その場ではんだんするしかありませんが、

今できることは、生きるためにどうするか、避難経路は?家族の集合場所は?避難道具の確認。

話し合うこと、考えることは、今できます。今のシュミレーションがその時に必ず生きます!!

少しでも、なにか感じてもらえたら幸いです。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
防災メモ
イナリデザイン

コメント