ピョンチャン パラリンピック選手可愛い子探してみた。

スポンサーリンク

ピョンチャンオリンピックはほんとに素晴らしい、大会となりました。
今回は特にチームの絆や、感謝などを感じさせてくれる
ほんとに仲良く元気に、前向きで明るく、いい選手たちで


特にカーリングは楽しませていただきましたね^-^

さて、引き続きパラリンピックが開催されますが。
オリンピックでもカー娘には癒されましたが、

パラリンピックも可愛い子がおります。
みんなも癒されて、応援頑張ろう^-^

さて、まずは、
二条美穂選手 車いすテニス
二条美穂(引用:リオパラリンピック公式サイト)

この方、すごいんです。まあ、アスリートはみなすごいですが、
建築学科出身で、大工さんをやっていたのですが、

3mの高さから貧血で倒れて落ちてしまったんだそうです。
そして、脊髄損傷で車いす生活に。

もともとテニスを学生時代にやっていたこともあって、
入院中に見た「車いすテニスのドキュメンタリー番組」をみたことで、
入院中にはもう、車いすテニスをやることをきめていたそうです。

とてつもない精神力ですよ。一年、いや、数年は悩んだり、落ち込んで
なにもしたくないような感じになりそうなのですけどね。
僕なら確実に、ダラダラします。

んで車椅子というと「スラムダンク」を描いた井上雄彦さんの
「リアル」という漫画をご存知でしょうか。

もう、すんばらしいの一言。車椅子バスケットがメインのお話なのですが、
障害者の気持ちや、苦労などが痛いほどよくわかり、
そしてそれにかかわる健常者の気持ちや葛藤、いろんなことが学べて、
とにかくひたむきに強く頑張る人たちに魅せられ、

前向きに頑張る気持ちがわいてくる漫画です。
ぜひご覧になっていただきたい。

続いて
道下美里
あだ名:みっちゃん

みっちゃん39ってことは、今年もう41だ。それなのにこんな笑顔が素敵。
口の形がきれい、歯がきれい。小柄。
144cmってめちゃくちゃちっちゃいんだ。
これはかわいい。
目も片目が白いのだが、ぱっと見アニメの白い眼のキャラみたいでかっこいい。

若い時が見てみたい。

そんなみっちゃん、料理の専門学校に通っていて、調理師になりたかったとのこと
しかし、目が見えなくなって断念。

しかし、最近の成績がすごい、
14年15年16年とずっとメダル取りまくってる。これは期待できるでしかし。

続きまして
辻紗絵
さえちゃん

やばい、かわいいよ。
さえちゃんは生まれつきひじから先がなかったそうです。
けど、生い立ちを見てびっくり。
ピート・グレイを思い出しましたよ。

いや、僕もピートグレイの名前知らなかったけど、昔、片手ですごい野球選手がいるのを
見たことあって、いましらべました。

そんでさえちゃんもすごい。
ハンドボールの投げる感覚に楽しさを覚えハンドボールを始め

まず、中学二年でレギュラーになる。
茨城の強豪校に入る。
インターハイベスト8
国体出場

しかし大学一年で膝を壊したことにより、陸上へ転身
膝壊して、なんで走れるんて思うけど、まあ、足の使い方が違うといえば違うのかな
まっすぐ走るだけなら負担がないのでしょうね。

とにかく、運動神経抜群で努力もおしまない、さえちゃんも期待大

そろそろ本命
浦田理恵
りえさん

もう41におなり遊ばされたのですが、この美貌は健在
いや、みんなそうですが、公式の写真は、免許証の写真のように、あまり

いい映りではないので、他の画像を検索してみたらびっくりすると思うよ^-^

さて、彼女は、小学校教師を目指していたそうですが、両目の視力をうしない、

自分で出来ることをあきらめず探し、
鍼灸マッサージの免許を取得

そこでゴールボールと出会う

以前、九州のバラエティー番組に出てたことがあって偶然みたのが浦田理恵ちゃんでした。
当時27歳でほんとにかわいかった。その時はボールゴールやってるけど、まだパラリンピック選手ではなく、これから頑張りたいってところだったのですが、頑張って夢を勝ち取ったのですね。

素晴らしいです。

さて、大本命
池愛里
池愛里様
どんなひとなのかな。

小学生の時に足にガンが発症、

左足が晴れて、歩けなくなって、

医者に切断を進められたそうですが、

運よく薬が効いて、切らなくて済んだそうです。

足には後遺症でマヒがのこったものの

リハビリのために水泳を始める、水泳はきらいだったそうですが、
体を動かすのがすきだったので、どんどん上達し、

アジアでも注目の選手となっているのです。
2014年でアジア新記録樹立してます。

期待大ですね。

背も高いそうで、水着姿が映えそうですね^-^

楽しみです。

以上勝手な独断と偏見の記事でもうしわけありませんでした。

 

スポンサーリンク
あのね帳
イナリデザイン

コメント