LEGOシティのポリスステーションのギミック解説と使用感の巻

スポンサーリンク
レゴシティーのポリスステーション(ニューバージョン)を

子どものプレゼントに購入したので私のお気に入りポイントをご紹介したいと思います。

昔とは全然違うクオリティーに大人も楽しめました。



寝る

警察署ということで、まず牢屋がついています。
一階と二階とあるのですが、どちらにもベッド&トイレがついているのです。

なんか、それに囚人が寝たり、トイレに座ったりできるのが、ほんと何とも言えず、面白いのです。といれ

箱の写真に、牢屋の壁が壊されて、囚人が逃げるようなシーンが載っていますが、
あれって、自分は作るまで、ただ、壁が取れるだけの作りなのかと思っていました。

しかし、今のレゴというものは、ギミックがすごい、作るときに、なんなんこの装置!?

っておもっていたら、とびらを破壊するための装置だったのです。

まあ、こんだけすごそうな、装置で、これだけかいって感じもするけど、
なんかでも素敵です。

自分が小学生の時は、一切こんなギミックはなかったと思うのです。
そしてなんといっても、うれしかったのが、新品のきれいさでした^-^

そう、小学校で買ってもらって以来ずっとそれを使っていたので、古いイメージというか
汚れているのが普通だったので、何十年ぶりに新品を買って、きれいなレゴが
とてもうれしくワクワクしました。

そして、そのギミックがこれです。

BlogPaint

ダイヤルがついていて、右に回すとココが引っ込みます。

そして、黄色いボタンを押すとココが、「でーん」と飛び出て壁をドカ~ンと吹っ飛ばすのです。
ギミック

これなんです、そして、こどもが大爆笑するのがこれ、

囚人をトイレに座らせておいて、壁を爆破、
(ちなみに、付属でダイナマイトも二つついてます)

そして、自分が「ちょっとー、トイレしてるんだから、まってよー」

とか

「トイレしてるだけでわるいことしてませーん、にげないのでつかまえないでくださーい」

とかなんでもいいんですけど、囚人の役になって、トイレネタを言うだけで大爆笑でした。
(何回もさせられました)

そして、もう一つのギミックはこちら、

reba-ageru

このレバーを、、、

reba-sageru

どーん!!

想像できるかとは思いますが、車が車庫から出てきます。

kuruma

やさしく押したら、このくらいでます。

kuruma2

強めに、レバーを下げると
これくらいは、車庫から出発します。
まあ、こんなのも手でそろそろと出すより、ぜんぜん臨場感がちがいます。
そして昔と違って、ほんとにクオリティが高い。
かっこいいんです。

もうテールランプなんてランボルギーニ並にかっこいい!!

さて、もう一つ自分のワクワクポイント

コーヒーメーカーをーたーさーばー

これです。警察署内のほうの

一階には流し、二階にはウォーターサーバー

三階には、コーヒーメーカー

かわいすぎる^-^これには妻も興奮。

女性はミニチュアもの好きですからねえ。

こものは、ダイナマイトから手錠、トランシーバー、コップなどがついています。

乗り物が、ヘリコプター。これは足がブロックにぴったり合うようになっていて、

スキージャンプのようにブロックをレールがわりにまっすぐ移動できるようになってます。

あとは、先ほどのパトロールカーに、どろぼう?用の車です。

そういえばこれにもギミックがついていました。

くるま2

荷台というか後ろの部分がスカイマスターのようになっていて、
これが前後左右上下にくるくるまわるのです。

そして、牢屋に近づき爆破し、仲間を助けるのです!

やはり、ストーリー性とそれに伴うギミックとクオリティー

レゴはおもしろいです。

くるま

それではさらばじゃー

スポンサーリンク
あのね帳
イナリデザイン

コメント