太陽光発電考えるならカーポートが絶対おすすめだと思うのです。

スポンサーリンク

これからは、売電ではなく、充電の時代です。
買い取り期間終了により値段はもっと安くなっていきますが、
地味に買取は続く傾向とのことです。


カーポートは車を太陽の熱から守るために作られているので、
もともと発電効率は高いといっていいでしょう。

どう考えても一石二鳥なんです。
「売電収益+車を太陽光&雨から守る」

これはして損はなし!

・屋根の面積や形状により、設置が困難な方
・建物の外観を重視したい方
・屋根に設置済みで、さらに増設されたい方

こんなかたにはぜひおすすめです。

今まで駐車するだけだった場所が、収入になっていくのです。
駐車場がお金を稼いでくれるのです。

さらに、電気自動車の方、またこれからお考えの方は、
電気自動車用の充電アダプタを設置することで、
発電した電力から、電気自動車に充電することも可能なのです!!!

ただ、設置に関して、注意することがあります。

・設置するスペースがあるかどうか
・既存のカーポートの強度
・太陽の日射率

パネル一枚事態そこそこ大きいので、ある程度スペースの余裕がなければ、そこそこな利益は見込めません。
ちなみに2台用のカーポートくらいのサイズ大体5m四方くらいで
3kw設置で200万円くらいの導入価格がかかるようです。

パネルは一枚15~20kgあるので3kwで設置枚数12枚となり重さは200kgはあるということになります。その他、取り付け器具もひつようとなってきますので、強度については、業者さんにしっかり相談確認をしといてください。

日射率ですが、もちろん太陽光があたらなければ発電されませんので、だいたい10時から15時の間に
だいたい日が当たるようなら発電は見込めるかと思います。

そして、一番大事なのは、業者さんです。いまや、たくさんいろんな業者が太陽光発電を行っています。
飛び込みできて勝手に見積もりだしてくるようなところは、たいがい高いです。

かならず、一つのお店だけで決めず、いろんなところから見積もりを取って、相場を把握して
業者を決めましょう。今や、見積もりでお金を取る所なんてありませんから。

売電もよいですが、いざという時の為、災害の時の電源として、蓄電池も
おススメです。

夜間のやすい電気代を使って、充電しといて、昼間に使うとか、節電対策にも使えるそうです。

もし停電になっても大丈夫、太陽光で日中充電できるし、怖いものなしですよね。

何が起きるかわかりませんから、余裕がある方は蓄電池もご検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
防災メモ
イナリデザイン

コメント