ヒートショックプロテインを顔シャワーで顔の若返りを目指す日誌

男の美容
スポンサーリンク

BlogPaint

ヒートショックプロテインという、痛んだ細胞の修復が出来るという方法を知り、

独自に、顔に42度のシャワーを2〜5分当てて 、週一回行い、その結果を報告する記事です。

ヒートショックプロテインについての詳しいことは、専門的なサイトがいくつもありますので、
ここでは説明ははぶきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
 https://www.bathclin.co.jp/happybath

私は、テレビでしなしなの野菜が熱いお湯にさっとくぐらせるとシャキシャキっと張りがよくなる映像を見て、これだ!!と思いました。

その野菜と同じことが人間の肌でも起こり得る

ということでしたので、
これはやって見る価値あるなとおもいました。

基本は、熱いお湯に浸かって、体に負荷をかけることで、ヒートショックプロテインが多く作られるということなのですが、

私は、顔だけでいいと思い、顔のみでやって見ることにしました。

実際やって見るとシャワーを当てている時も熱くてちょっとジンジンしてきます。
少し気持ちいい、けどヤケドしてるような感じがします。

お風呂から出ても少しジンジンしてます。

すぐに化粧水などをして保湿します。

鏡を見るとやはり赤くなっています。

次の日はもう、特にかわりなく普通です。

今のところ、何か肌が良くなっているというような感じは見受けられません。

4/26 ヒートショックプロテイン実施後赤くなっているところ
ヒート後初回
5/3
今日は、温度を41℃に下げてやりました。
一分間自分でゆっくり数えてシャワーを全体的に顔に当て続けました。
シャワー口からはなるべく近くから当てます。離れると温度がさがってしまいますので。

温度を下げた理由は、先日ちょっと赤くなり過ぎた?気がするので、
基本は体温を上げることが目的なので、火傷をしてしまってはいけないだろうという判断です。


継続2週間目、
先週は肌が赤くなりすぎたので、今週は41度に下げてみました。
まあ、程よく赤くなって、ジンジンしてます。

コメント